どこにリフォームを頼もうかは、リフォームの情報サイトです

どこにリフォームを頼もうか?

“リフォーム”という言葉を聞いたことがないという人は少ないのではないでしょうか。現代では、それだけ身近であり、多数の人が利用しているものでもあります。リフォームといえば本来昔から続いていたものは、家の老朽化に伴って必要となる、家の修繕工事のことです。雨漏りがするから屋根を直したり、ボイラーが壊れたから新しいものに取り替える、壁に穴が開いたから壁を塞ぐなど、壊れたところを直すことがリフォームの一般的な流れでした。

しかし現在では、よりよい暮らしをするために行うリフォームも増えています。結婚や出産をして家の間取りを変えた方が暮らしやすくなるのでそのために行うものや、収納が手狭になったために部屋を改造して収納を増やしたり。壊れているわけではないけれど、もっと暮らしやすくするために行うリフォームです。こういったリフォームのことを“生活提案型”リフォームと言います。

この他にも、家をより長持ちさせるために行う“メンテナンス”リフォームや、普通のキッチンをシステムキッチンに変えたり、床に床暖房を入れたりといった“生活向上型”リフォームなど、リフォームの目的はだいたいこの4パターンに分かれています。

目的はさまざまですが、リフォーム箇所や、リフォームが必要になってくる時期というのはどのパターンでも重なっていることが多いです。リフォームを考え始めるは、新築で家を建てた直後ではなく、だいたいの場合が少し古くなってきていて、生活も落ち着いているようなタイミングに多くなっています。汚れが目立つようになってくると、壊れていなかったとしてもなんとなく使うのがイヤになってきてしまうものですから。

しかし、このタイミングは要注意のタイミングです。人は一度イヤになってしまうと、早くその状況を改善したいと思うものです。そのため、あまり深く考えずに業者を選び、そのまま営業マンに進められるまま工事を始めてしまう可能性があります。

リフォームで大切なのは、なによりも業者選びです。見た目をどれだけキレイに作ってくれたとしても、中で水漏れが起こっていたり、戸棚がガタついていたりというのでは意味がありません。現に、リフォームをめぐるトラブルはとても多くなっています。ただ、素人にはどこが良いリフォーム業者なのかが良く分からないというのも本当のところです。良いリフォームを行うためにはまず良いリフォーム会社を選ぶところから!ということで、リフォーム業者の選び方についてご紹介します。